セットでいかがですか?

のぼり用ポール

のぼり用水タンク

のぼりの効果的な使い方

のぼりの基礎知識

おかげさまでダイレクトグループは法人契約6000社!ダイレクトグループとは?

のぼりの基礎知識

サイズについて

主に屋外で使用されるのぼりは、設置場所に広さに応じて幅や丈を決定しますが、一般的なサイズとしては
600×1800mm程度が広く普及されています。
他には450×1800mm、若干短い450×1500mmなどが主流です。

基本的には横1:縦3、または横1:縦4が一般的なのぼりサイズの比率となります。

▲ページトップへ戻る

生地について

  素材名 特長 使用例
ポリエステル ポンジ のぼりの素材で一番多く用いられる化繊素材。
軽く、薄く、しなやかで印刷の裏抜きが良い。化学繊維の中でももっとも多く使用されている素材。
のぼり・ミニのぼり・
タペストリー・旗
トロピカル ポンジをやや厚くし、白生地の光沢感がある素材。ポンジと比較するとコシがある。 のぼり・タペストリー・旗
トロマット トロピカルを更に厚くし、白生地の光沢感がある素材。トロピカルと比較するとややコシがある。 幕・タペストリー
ポリエステルハンプ カツラギに似たポリエステル素材。厚さは金巾とカツラギの間ぐらい。 のれん・幕
遮光スエード カーテンなどで使用されており、両面印刷が可能。 タペストリー・バナー
エステル麻 麻風スラブより目が細かく透けにくい。ポリエステル繊維を使用した麻風の素材です。 のれん・幕
綿 金巾(カネキン) のぼりによく用いられる綿100%素材。薄手の綿生地。和的風合い。 のぼり・のれん・旗・
タペストリー・幕
天竺木綿
(テンジクモメン)
金巾よりもやや厚手の綿生地。裏抜けの観点などから特殊な場合のみのぼりに使用されます。 のれん・旗・幕
シャンタン 糸紡ぎの糸の浮き出た布で独特の風合いがある高級素材。 のれん
カツラギ 綿の厚手の生地。地がしっかりしているので、一般的には大型の横断幕、懸垂幕に用いられる のれん・幕
アイリッシュクロス 綿100%素材で光沢があり、手触りがよく、通気性もよくしわになりにくい。 のれん
ビニール ターポリン 耐久性・耐水性に優れている。「ポリエステル繊維の織物」を「軟質な合成樹脂フィルム」でサンドしたビニール系の素材です。
日本古来よりの天然素材。織り方色合いなどの種類も多く、主にのれん。幕などに用いられる高級素材です のれん・幕

チチ(ループひも)

チチ(ループひも)

ポールを通すためにのぼりに付いている別布のこと。
白いポリエステル系の生地で上部と脇部に縫いつけてある。
脇部は右側か左側で選んでもらう。
※基本的にチチの方向は左側になります

三巻加工

三巻加工

布の橋を細く三回巻きにして縫い上げる仕立ての方法。
風や環境による生地端のほつれ、破れなどを発生させにくくする。

ヒートカット

ヒートカット

ポリエステル系の生地で作成されたのぼりは熱カッターで形を切り出します。
熱により生地が溶けてほつれを発生させにくくしています。
一般的にのぼりは全てヒートカットで作成させていただいております。

▲ページトップへ戻る

印刷方法について

シルクスクリーン印刷(シルク印刷)

スクリーン版(型)を用いた印刷方法。
シルクスクリーン印刷は文字などを切り取ったフィルムに、スクリーンを貼り、それを版としてインクが通る部分と、通らない部分を区別し、インクを落としていく。
インクは顔料を乗りで付着させていくので、昇華印刷に比べて厚く感じる。
版を作成して印刷を行いますので、枚数が多くなるほど単価も下がります。
特色○色印刷と記載されてる商品は、全てシルクスクリーン印刷になります。

昇華印刷

ダイレクト昇華印刷
インクジェットプリンタを用いた印刷方法。シルクとは違い、版が必要ないため、低コストで印刷できる。
昇華転写
転写紙に一度印刷し、そのインクを熱により気化させ、圧着した生地に染みこませる印刷方法。
ダイレクト昇華印刷より工程は増えるが、細かい柄や特殊な生地等の場合用いる。
インクは染料を使用するので、シルク印刷に比べ、薄く感じる。

のぼりダイレクトインフォメーション

お客様サポートセンターにお気軽にお問合せください